• HOME
  • サラウンド
  • MIDI検定
  • 企画
  • 制作
  • 執筆
  • 楽譜
  • スタッフ
  • テルミン

相原耕治

相原耕治

13才からシンセサイザーをはじめる。千葉県柏市立柏高等学校卒業 同校吹奏楽部(顧問;石田修一)で初のシンセサイザー・パートを担当。尚美短期大学 音楽情報学科 音響コース卒業 音響を故・若林駿介氏に師事。在学中にピアニストの霧生トシ子氏と「ラプソディー・イン・ブルー」を共演。89年モ−グ博士のレクチャ−参加。

92年より「ヒーリング・クラシック・コンサート」等で、アコースティック・ソロと電子音楽の共演で様々な演奏家と共演する。97年野外で「音と光のファンタジー・コンサート」を行い、同年よりテルミンの演奏をはじめる。
この他、バレエ公演音楽制作、着メロ、携帯ゲーム音楽制作、オーケストラや吹奏楽団の演奏会で序曲「1812年」の大砲の音や、オペラ公演での特殊楽器などを電子楽器でサポートする。2007年には千葉県柏市の東海寺(布施弁天)で、開山1200年を記念した「シンセサイザー・サラウンド・パフォーマンス」を野外イベントとして境内で行う。
現在、サラウンド作品制作、MIDI検定講座、テルミン演奏、楽譜浄書、イベント・演奏会企画、スタッフ等で活動中。

日本シンセサイザー・プログラマー協会会員
MIDI検定事業部 作業委員会(2009年〜)、MIDI検定AMEI講師認定、
国立音楽院講師
2006年に「サラウンド入門」、2011年に「シンセサイザーがわかる本」を
スタイルノート社より出版

このページの先頭へ