• HOME
  • サラウンド
  • MIDI検定
  • 企画
  • 制作
  • 執筆
  • 楽譜
  • スタッフ
  • テルミン

こどものためのサラウンド 「動物の謝肉祭」

こどものためのサラウンド 「動物の謝肉祭」

サン=サーンスの名曲「組曲 動物の謝肉祭」を、コンピュータとシンセサイザーを使い、電子楽器ならではの、楽しい音色で演奏します。子供たちはオーケストラとは違う世界を体験できるはずです。動物達をイメージした親しみやすい音色で、曲に馴染むことができ、クラシック音楽の入門にもお勧めです。

サラウンドで包み込みます

この企画の最も特徴である、「サラウンド・コンサート」は、音楽や効果音が子供たちを前から後ろからサラウンドで包み込む事で、動物の謝肉祭の世界へ誘います。 ライオンの王様の宮殿に入ったり、ラバが走ったり、鳥が飛んだり、水中で浮かんだり、あるいは象の足音が「ズシン!」と響きます。 サラウンドでしかできない世界を「動物の謝肉祭」で多いに楽しめる事と思います。

アニメーションの上映も!

フラッシュを使い、アニメーションも音楽と同時にプロジェクターで映します。 最後の曲となる「フィナーレ」では、子供たちが書いた動物の絵を、アニメーションにして大行進させる事も可能です。(オプションとなります。デモをご覧ください)

テルミンの演奏も!

曲中の「白鳥」では、電子楽器のルーツといわれている「テルミン」も披露します。

このテルミンは、手を触れないで音を出す不思議な電子楽器で、最近では書籍からCDやテレビ、映画でテルミンを知る方も多いと思いますが、実際に子供たちの目の前で演奏します。(時間に余裕があれば、児童にも体験コーナーを授ける事も可能です。)

クラシック音楽の鑑賞とはいっても・・・

クラシックの演奏会は静かに!終わったら拍手を!というお約束は、この演奏会では関係ありません。面白ければ笑って構いません。眠ければ寝て構いません。良かったな〜と思ったら拍手して構いません。手拍子だって、歌だってOKです!

子供たちに、音楽を心から楽しんでもらいたいというコンサートです。

シンセサイザー・オーケストラと歌を!

組曲が終わってから、この機会に園歌や童謡などを、シンセサイザーとサラウンドの世界にアレンジして一緒に歌を歌います。いつも聴いてる音楽が、どう変るのかな? (この伴奏はCD/DVDにして園にプレゼントします。)

「動物の謝肉祭」 デモ

フィナーレで子供たちの絵がアニメーションになって行進するシーンのデモムービーです。(ボタンを押すと再生されます。音が出ますのでご注意下さい。

  • デモムービーの演奏はサラウンド化していないデモ演奏となっています。
  • お子様の人数によっては、ひとりひとりの絵が小さくなってしまったり、登場する時間が短くなってしまう事もございます。
  • 絵の内容によっては単純な動きになってしまう事もございます。

サン=サーンス作曲 組曲「動物の謝肉祭」 曲目一覧

01;獅子王の行進/02;雌鳥と雄鶏/03;らば/04;亀/05;象/06;カンガルー/ 07;水族館/08;耳の長い登場人物/09;森のカッコー/10;鳥かご/11;ピアニスト/ 12;化石/13;白鳥/14;フィナーレ

こどものための シンセサイザー・サラウンド・コンサート|こどものためのサラウンド 「動物の謝肉祭」

このページの先頭へ